デジタルの力で、
リアルの壁を超えていく。

時代の変化とともに、世界には数多くの課題が生じています。
高齢者の増加による認知症患者の急増も、そのひとつ。
私たちは、デジタル技術を駆使した独創的な手法で、これに挑みます。

高齢者に、スマートフォンアプリやゲームを“遊び”として楽しんでもらい、
リアルタイムで身体能力や判断能力などのデータを取得。
これを解析することで、高齢者一人ひとりの心身の状況を把握するとともに、
個別にカスタマイズしたアプリやゲームを続けてもらうことで、
生活習慣病の予防や認知能力の改善を目指します。

このような高齢者の心身に関するデータはあまり存在しないため、
今後、医療分野での活用が本格化すれば、
国が推進する健康寿命の延伸につながることが期待できます。
さらに、高齢化社会に向けた消費者データとしても、
その正確性、継続性、リアルタイム性は、価値あるものだと考えます。

私たちHYPER CUBEは、
自分たちが信じるデジタル技術で、社会のさまざまな課題を、
楽しく、効率よく、クリアしていきたいと思います。
一人ひとりの未来を、もっと明るく輝かせるために。
私たちの挑戦が、始まります。

COMPANY

VISION

ビジョン
「遊び」が「予防」になる社会をつくる

CONCEPT

コンセプト
デジタルテクノロジーを活用して非常識なソリューションを創造する

MISSION

ミッション
社会の困りごとを一人一人に寄り添うことで解決する
  • 大林 謙

    大林 謙[ KEN OBAYASHI ]

    代表取締役 / Chief Executive Officer

    映画・CM・ゲームにおいて高品質な映像制作を行うプロダクションを経営、より独自性のある開発を行うためフィリピンにも開発拠点を設立し日本・フィリピンで制作・開発を行う。企画・演出会社SPOON、WEB制作会社クローカの経営も行う。
    株式会社フレイム代表取締役、NEUN FARBEN CORPORTION President、株式会社クローカ取締役

  • 小塩 篤史

    小塩 篤史[ ATSUSHI KOSHIO ]

    Chief Innovation Officer

    データサイエンス、人工知能、技術経営などの専門分野を活用し、アカデミックな背景と起業家としての側面を融合したプロジェクト開発を行っている。
    また、大学・大学院では教鞭をとり、技術を理解した未来志向の人材育成を行っている。
    東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院客員研究員、事業構想大学院大学事業構想研究科長等を経て、I cubeを共同設立。株式会社IF代表取締役、神戸情報大学院大学客員教授。

  • 千束 浩司

    千束 浩司[ HIROSHI SENZOKU ]

    Chief Strategy Officer

    大学では金融工学を専攻し、米系投資銀行にて事業再編を、資金調達を含む諸問題に対するソリューションの提供を行う。その後事業再生案件を多数経験し、現在はコンサルタントとして事業を推進する。

  • 吉岡 由宇

    吉岡 由宇[ YU YOSHIOKA ]

    Chief Physics Officer

    2011年大阪大学基礎工学研究科 博士後期課程修了 博士(理学)
    物性物理学が専門。2011年から大阪大学特任研究員。
    2015年より社会福祉法人福智会 特別顧問
    2015年Abstract合同会社設立。

HYPER CUBE

名称
株式会社HYPER CUBE (HYPER CUBE Ltd.)
オフィス
東京都港区東麻布1-6-7 アポロプロセスビル3F
電話番号
03-6426-5773
代表取締役
大林 謙
取締役
小塩 篤史
資本金
1,000,000円
URL
www.hyper-cube.co.jp
メール
info@hyper-cube.co.jp
事業内容
経営コンサルタント、マーケティングリサーチ、ゲーム開発・運営、イベントの企画・運営、ソフトウェア開発・運営、医療・介護・健康促進に関するコンテンツの企画、制作、医療機器・福祉用具・健康器具等の企画、開発販売、教育及び研修事業